FC2ブログ
 お客様から
『KATOのC62が急に動かなくなったので修理して欲しい』
との電話でした
ご来店頂き 車両を持ち込んで頂きまして
その場でチェック!
確かに動きません
テンダーからの集電はOKですから
モーターか本体側の集電か・・・
お預かりでの修理を説明

さぁ  分解です
開けてみると。。。。。。。


20181022 (2)

なんでこうなってるの???
そこで依頼主に電話
 この車両 何処かで修理されましたか?

 はい 茨城県水戸市の〇〇〇店で一度修理を・・・

 半田しては駄目な所に半田が盛られています
 宜しければここを除去して作業しても良いですか

 お願いします

って事で了解を得ましたが
ヒドイ加工です  ( ;∀;)


20181022 (3)

画像の赤矢印の部分
コアに接触する金具が半田付けされてしまってて
基板が外せません! メンテナンスが出来ません!
更にオレンジの矢印の部分にも半田が  ( ;∀;)
集電が悪いのは解りますが
この方法は無いですよ しかもショップが加工する方法では無いです
後先考えず自分の車輛ならまだしも
う~~ん もう少しお客の事考えないのかね~~  ( ノД`)


20181022 (1)

本来の形はこちらです


20181022 (4)

半田を吸い取り分解
基板裏にはセロテープで嵩増し
セロテープって糊もそうだけど劣化するんですよね



20181022 (5)

集電不良の箇所は
基板とダイキャストの接触部分でした
他の通電はちゃんと出来ています
ここの部分を改善する事で通電可能ですね


20181022 (6)

はい!!  これでOKです  (⌒∇⌒)
基板もちゃんと外せますし 今後メンテナンスもOK

ですが以前修理したこのショップ 販売だけかと思っていましたが
加工もするんですね!!  酷い加工ですけど!!


組み上げて試走もOKでした
修理完成です。










KATO C62の不動車修理

関連記事
2018.10.22 Mon l KATO l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tetumo2012.blog.fc2.com/tb.php/1566-7e7c1b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)